『自由民権運動史への招待』

好評につき増刷!!
jiyu_cover1.jpg


自由民権運動史への招待

安在邦夫(早稲田大学名誉教授)
ISBN:978-4-905497-06-6、四六判ソフトカバー、240頁、本体2,000円+税

小社から直接ご購入(送料無料)LinkIcon
amazonでご購入LinkIcon

自由民権運動史研究の第一人者による入門書決定版!
今こそ、自由民権運動の歴史をじっくり辿ってみる必要がありそうです。民主主義の原点である自由民権運動から私たちは、いま何を学びとるか。民権運動史と研究史を鳥瞰する格好の一冊です。

「自由民権運動の精神と営為をいま学ぶことは、方向性を喪失した昨今の政治状況を考えるとき大切な課題といえる」(本書より)

【著者】安在邦夫(あんざい・くにお)

1939年三重県生まれ。6歳の時、両親の出身地福島県に転居。早稲田大学教育学部社会科地理歴史課程卒業。早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士課程単位取得。早稲田大学文学部専任講師、助教授を経て教授。早稲田大学第二文学部長を歴任。現在、早稲田大学名誉教授。専門は、日本近現代史(特に自由民権運動史)。著書に『立憲改進党の活動と思想』(校倉書房)、共著に『日本の近代』『日本の現代』(梓出版社)、編著に『田中正造選集』(岩波書店)、『近代日本の政党と社会』(日本経済評論社)など。


【目次】
第1章 自由民権運動史概観

第2章 自由民権運動史研究の歩みと現在

【付録1】自由民権運動史研究関係資料・文献
【付録2】自由民権記念館・資料館
【付録3】自由民権運動関連年表

【書評・紹介】
●歴史読本(2012.9)
●東京新聞(2012.8.12)読書面