『指導者(リーダー)はこうして育つ』

指導者カバーホームページ用.jpg


指導者(リーダー)はこうして育つ
――フランスの高等教育 グラン・ゼコール

柏倉康夫(放送大学名誉教授)
ISBN:978-4-905497-01-1、四六判ソフトカバー、 248頁、 1,900円+税
小社から直接ご購入(送料無料)LinkIcon
amazonでご購入LinkIcon

フランスではどんな教育が行われているのか。社会はリーダーをどう育てるのか。
『エリートのつくり方』(ちくま新書、1996年)を大幅改訂してお届けします。
「正しい先入観というものはあるか?」「人間は自由なしに幸福になり得るか?」--こうした問いに対し、4時間かけて論文に書く。これがフランス大学入試(バカロレア)の必修問題である…。

【著者】柏倉康夫(かしわくら・やすお)

放送大学名誉教授。1939年東京生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。NHK解説主幹、京都大学大学院文学研究科教授、放送大学教授・副学長・付属図書館長などを歴任。フランス共和国国家功労勲章シュヴァリエを叙勲。著書に『マラルメ探し』『生成するマラルメ』『アンリ・カルティエ=ブレッソン伝』『敗れし國の秋のはて 評伝堀口九萬一』『評伝梶井基次郎 視ること、それはもうなにかなのだ』など。

【目次】
まえがき
第1章 フランスの小、中学生
第2章 中等教育修了と大学入試
第3章 準備学級
第4章 歴史は200年前にさかのぼる
第5章 体制か反体制か
第6章 異色の卒業生
第7章 三人の文学者
第8章 戦争そして戦後
第9章 グラン・ゼコールの生活
第10章 二一世紀の知をもとめて
第11章 現代の「ノアの方舟」
あとがき



【書評・紹介】

●≪日本図書館協会選定図書≫
●産経新聞(2011.10.23)
●日本経済新聞(2011.11.13)
●出版ニュース(2011.11月上旬号)
●図書新聞(2011.11.6)柏倉先生インタビュー8Ew93B18ED2907D8F9190V95B78Cf8DDA.jpg

~代表より~
底本となった『エリートのつくり方』(ちくま新書、1996年)をご存知でしょうか。
このたび、ちくま新書刊行以後の15年の動きを含め、加筆、修正のうえ、装いも新たに刊行するものです。
タイトルも改めました。

フランスの教育制度は、とにかくわかりにくいものです。どなたも、バカロレア、という言葉を耳にしたことがあると思いますし、政治家などの経歴に、「大学」とは別に、国立行政学院、パリ政治学院といった学歴を見ることもあるでしょう。いったい、どんな制度なのか?
本書は、多くの事例を交えながら、フランスの子どもたちがどのように学んでいくのか、を見ていきます。
バカロレアの哲学の問題も紹介しておりますから、実際に挑戦してみてはいかがでしょうか。

私たちの国も、そして海の外でも、社会は混迷しております。そんな社会で、リーダーとはいかにあるべきか。
そんなことを考えるきっかけになっていただければと考えます。

なお、「エリート」という言葉について、ちょっと付け加えたいと思います。

フランスという国を旅したことがある人、またテレビなどフランスの街の様子をご覧になった人なら、感じたことはありませんか。フランスのパン屋さん、八百屋さん、大道芸人など、街を往き来する人が生き生きとプライドを持っていることを。

本書の中で、柏倉先生も述べておられます。「学問に秀でたものが人間的に優れているとは限らないという社会的な了解が確固としてなくてはならない」と。
そして、カフェにいたお年寄りの言葉を紹介しています。「……エリートはいたるところにいる。その道で秀でている人はみなエリートだよ」。