『庭園の五人の子どもたち』

9784905497059.jpg
庭園の五人の子どもたち
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリとその家族のふるさと

シモーヌ・ド・サン=テグジュペリ著 谷合裕香子訳
ISBN:9784-905497-05-9、四六判上製、本体価格2,400円

小社より直接ご購入(送料無料)LinkIcon
amazonでご購入LinkIcon

『星の王子さま』の作者として広く知られているアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900-1944)の実姉であるシモーヌ・ド・サン=テグジュペリによる回想録≪Cinq enfants dans un parc≫(2000 Gallimard社)の邦訳です。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが生み出した作品(『星の王子さま』のほか、『夜間飛行』『人間の土地』……)には、少年時代の実体験が数多く登場します。幼少期の思い出がアントワーヌの作品・人生に大きな影響を与えていると言えるでしょう。その幼少期をともに過ごした実姉シモーヌ・ド・サン=テグジュペリが、きょうだいや親戚との思い出を生き生きと具体的に綴っており、アントワーヌの作品のルーツを知る貴重な資料となっています。貴族の家系に生まれた著者の手記と、随所に盛り込まれた写真からも当時の貴族の暮らしぶりが生き生きと伝わってまいります。

【著者】シモーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1898年~1978年)
『星の王子さま』で知られるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの実姉。フランスの国立古文書学校を卒業し、古文書学者としてフランス本国及び当時の仏領インドシナで古文書管理業務に従事。フランス帰国後は、弟アントワーヌの作品の保護と管理に尽力。

【訳者】谷合裕香子(たにあい ゆかこ)
1971年生まれ。中央大学文学部文学科仏文学専攻卒。7年間の市役所勤務の後、翻訳業に従事。

【目次】
第1部 幼年時代のふるさと
  庭園の五人の子どもたち
  ド・トリコーのおばさま――サン=モーリス城の主人
  お屋敷――〈宝物〉を秘めた家
  遊び――動物とのふれあい・言葉遊び
  お芝居――アントワーヌは名役者
  テーブル・ターニング――不思議な現象
  マドモアゼル――わたしたちの教育係
  復活祭のヴァカンス――〈3月25日のマロニエ〉

第2部 サン=モーリスで過ごしたある夏
  いざ、サン=モーリスへ
  アントワーヌと白ねずみ
  聖書のお話の時間
  言葉当て遊び
  弟たちの手づくり散水器とすてきな菜園
  猛暑―川への水くみ
  サン=モーリスの神父さま
  失くした時計

第3部 青年期に入って

【書評・紹介】
●《日本図書館協会選定図書》(第2813回 平成24年5月9日選定)
●『出版ニュース』(2012.5月中・下合併号)
●時事通信配信・信濃毎日新聞(2012.5.13)
北海道新聞,西日本新聞
●『サライ』(2012.8)
●図書新聞(2012.8.18)