『丸山眞男への道案内』

丸山眞男への道案内(オビ付き).jpeg

丸山眞男への道案内

都築 勉(信州大学教授)
ISBN:978-4-905497-14-1、四六判上製、278頁、本体価格:2,500円
小社から直接ご購入(送料無料)LinkIcon
amazonでご購入LinkIcon

1914年に生まれた「戦後日本を代表する知識人」丸山眞男。“戦後”を語る際には必ず登場……。政治学を専攻した人のみならず、誰もがその名に接しているのではないでしょうか。1996年に亡くなったものの、著作集、講義録、書簡集等々が刊行され、誰もが丸山眞男の著作物にアクセスしやすくなっております。
しかし、果たして我々はどれだけのことを知っているのでしょうか。

来年(2014)、生誕100年を迎える丸山眞男――。
激動の20世紀を生き抜いた知識人・思想家の人、思想、学問を丹念に考察します。
丸山の「生涯」を辿り、「著作」をよみ、「現代的意義」を考える三部構成です。

「丸山眞男の魅力は非政治が政治を囲い込むところにある」(本書より)

【目次】
第Ⅰ部 生涯
戦前編
1 家庭環境
2 一中、一高時代
3 戦争と学問
4 召集と敗戦
戦後編
5 「超国家主義の論理と心理」
6 平和問題談話会
7 療養生活
8 六〇年安保
9 東大紛争
10 復活の日々

第Ⅱ部 著作
1 『日本政治思想史研究』を読む
2 『現代政治の思想と行動』を読む
3 『戦中と戦後の間』を読む
4 『日本の思想』を読む
5 『忠誠と反逆』を読む
補論 『「文明論之概略」を読む』について

第Ⅲ部 現代的意義
1 近代日本の評価について
2 日本の戦争責任について
3 日本社会の根本的変革について
4 日本文化の型について
5 学問をする喜びについて

略年譜
事項索引
人名索引


【著者】都築 勉(つづき・つとむ)

信州大学経済学部教授。1952年東京生まれ。1978年東京大学法学部卒業。1985年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。信州大学教養部専任講師。1988年同助教授。1995年同経済学部助教授。1997年同教授。
著書に『戦後日本の知識人――丸山眞男とその時代』(世織書房、1995年)、『政治家の日本語』(平凡社新書、2004年)、『政治家の日本語力』(講談社+α文庫、2009年)など。

【書評・紹介】
●信濃毎日新聞平成25年12月25日 都築氏インタビュー
「…丸山さんは、政治をイデオロギーから切り離して現実的にとらえ、分析した。例えば外交問題でのっぴきならない対立があっても、共存する道を探る。そういう柔軟な思考で政治をとらえた。丸山さんの文章をおうむ返しにするのではなく、思考方法から学ぶことが大事だと思う」(都築勉氏)

●北海道新聞平成25年9月29日 都築氏インタビュー 「戦後とは何だったのか、何を守っていくのかをもう一回、考えてみなければいけないとあらためて感じています――」(都築勉氏)


●共同通信配信の書評が福島民報新聞、福島民友新聞(10/12)、中国新聞、秋田魁新聞、北国新聞、山梨日日新聞、高知新聞(10/13)、大阪日日新聞、新潟日報(10/20)に掲載されました。「類書のなかでは最良のものに属する―」(評者:越智敏夫氏)

●≪日本図書館協会選定図書≫第2880回 平成25年10月23日選定