夕張は何を語るか

【在庫僅少】
夕張は何を語るか(オビ付き).jpg

夕張は何を語るか
―炭鉱(やま)の歴史と人々の暮らし

田巻松雄 編・夕張の歴史と文化を学ぶ会 協力
ISBN:978-4-905497-17-2、A5判ハードカバー、220頁、本体価格:2,400
小社より直接ご購入(送料無料)LinkIcon
amazonでご購入LinkIcon

【目次】
第Ⅰ部 夕張の歴史は何を語るか
1 旧産炭地夕張の特殊性─石炭産業の斜陽化から財政破綻までの経過と背景
2 再考、夕張「石炭の歴史村」─マチじゅうを博物館に
第Ⅱ部 夕張で暮らしてきた人々の語り
炭鉱で働く/炭鉱下請労働者の権利拡大を求めて/炭鉱社会を支えた女性たち/救護隊の世界/ガス爆発! その時、炭鉱病院では
解説① 「石炭の歴史村」展示施設群と産業遺跡群
解説② 炭鉱災害時の「救護隊」について
夕張・石炭関連年表

書評・紹介】
●『アジア・アフリカ研究』(2014年 第54巻 第4号)

【編者】田巻 松雄(たまき まつお)

宇都宮大学国際学部長・教授
1956年、北海道夕張市生まれ。筑波大学大学院博士課程社会科学研究科修了。

●《日本図書館協会選定図書》(第2890回 平成26年1月15日選定)